スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

完全な左右対称は

私はコラージュが好きだ。
手を使って何か表現するとなると、書くことの次に好きなのが、
コラージュだ。

気が付くと作っていた。多分、深い意味はない。
かつて音楽を聴き出した頃、ミュージシャンのジャケットデザインも含めて
好きだったので、それをカラーコピーしてノートの表紙をコラージュしたのが
最初だったように思う。

何故か雑誌好きな私は雑誌の整理も含めてコラージュをつくる。
いらない雑誌をパラパラと眺めつつ、いらないページと素材として使えそうな
ページにビリビリと破っていくのがなんとなく楽しい。

先日も真夜中に漠然と雑誌を整理していたら、いいイメージを発見。
これはつかえそう!と取ってみると、映画のインタビュー記事だった。
しかも見たかったけど、結局見てない「父、帰る(RETURN)」。

その中にあった話が忘れられない。

完全な左右対称というのは、停滞・硬直した状態、つまり生きた状態では
ない、のだ、と。
それゆえ、中心に向かっていくことが重要になる。
最初に世界が作られた時、それは不完全なもので、完全なものへと向かって
いくこと、それがすなわち生なのだ、と。

話はもっと他のキリスト教などにも話が及ぶのだけど、普段デザインをしていて
中心、中央揃え、というものに慣れ過ぎている自分にはこの部分だけでも
ピンとくるものがあった。

その日に作ったコラージュは「生きる、というイメージがあるとしたら」という
タイトルにした。

わざと中心に穴というか空白をつくった。
それは死というものを意味したくないから、真ん中にモノをおかなかった。
深緑に被われたひとりの人間が、暗闇の中でテレビを見ている。
人間は自然無しに生きられないこと、だけど人間は暗闇にいるかの如く、回りの
状況が理解できないまま、まるでテレビの誰かの人生を眺めるように、自分というもの
を生きている、という意味を込めてみた。
「生きる」ということの一例、ほんの一例として。

さて、週末はヒントをくれた「父、帰る」を見てみたい。

父、帰る [DVD]父、帰る [DVD]
(2005/04/08)
コンスタンチン・ラヴロネンコウラジーミル・ガーリン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2009.10.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

Erja(エルヤ)

Author:Erja(エルヤ)
Webデザイナー。
時々ライター。

思うことをただ書き綴る。
音楽と本の話題が中心。

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。