スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

エゴがないわけでもなく

デザイナーという仕事柄なのかわからないけれど、回りはエゴが強い人が
多い気がする。
私はこれ!みたいな、ガッツリ?と表現したい確固たるものを持っている気が
する、程度の差はあれど。

私、こういうの描いてるんです、こういう活動してるんです、とか。
そういうの、ま、私もゼロではないんだけど、羨ましいというか。
私がマイペース過ぎるのか。

そりゃ手を動かして何かつくったり、何か描いたりする人たちが多いのは
当然といえばそうなのだけど、なぜか自分とちょっとした温度差を感じるのは
気のせいなのだろうか…

私は10代の頃からデザイナーになりたい、と思っていたわけではなく、
結果的に、至ったタイプだ。
いろいろな断片を集めれば、すごく自分にはデザイナーって向いてるな、と
正直思うのだけど、それは何か表現したいものがある、という話とは
また全然違う気がする。
それにデザイナーというのはアーティストではなく、お給料をもらう立場なので、
そのデザイナーが何を表現するかということだけにフォーカスされるわけではない
から。

これ!という表現したい、欲求がいいものを生み出す力になることも
あるのだろう。
だけど、やっぱり私にとってそういったエゴはゼロじゃないとしても、
疎遠な感じは否めない。

私にとってデザインするということは2つの意味があるように思う。

ひとつ。
私はただ役に立ちたいと思った。誰かのために。
デザインとは思いやり、だと私は思う。
相手への思いやり、だから自分にはできると思った。

それをうまく説明してくれている方がいます。
以下のブログがまさに私が言いたかったことで、見つけた当初はいたく
感動しました(笑)

DESIGN IT! w/LOVE 「物に意味を与える仕事(思いやりをもって)」

ふたつ。
人間はもっと自由になれる、と表現するため。

世の中はいろいろなモノ、見えないモノで溢れている。
それと人間とが上手くやっていく、その翻訳のひとつがデザインだと思う。

世界を、モノを再定義する、だからこそ幅広い考え方、新しい世界観と出会える。
そういう意味でまだまだ、もっと人は自由になれる、と私は表現したい。
何かを一面的に見て判断するのではなく、世の中に絶対、というものはない、
だからむしろ、その解釈を楽しんでほしい。

そして、それは自分への戒めでもある。
自分を自由でなくしている原因のひとつが自分である、と。

これ!というものを持たない私ですが、と書いていてみて思った。
こうして書いてること、がこれ!なのかも、と。

そういう意味では私のエゴありまくり?なのかしら。
ま、否定はできないのが現実か。

2009.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

Erja(エルヤ)

Author:Erja(エルヤ)
Webデザイナー。
時々ライター。

思うことをただ書き綴る。
音楽と本の話題が中心。

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。